小規模な飲食店舗の差別化戦略とコーヒー豆の自家焙煎店

アメリカの飲食市場ですが、小規模な飲食店舗やローカルチェーンは差別化戦略を駆使することで、大手飲食チェーンの攻勢を退けているのだと思います。

マイクロ・ロースターと呼ばれるアメリカの小規模なローカルの焙煎屋さんは、それを追い風としてホールセール(コーヒー豆の卸売り)で業績を伸ばしているのだと思います。

 

そのマイクロ・ロースターの躍進現象を、アメリカのマスコミは、サードウェーブコーヒーという表現で紹介しています。

日本の小規模な飲食店舗は、大手飲食店チェーンの仁義なき攻勢を受けて、相当に追い詰められた状況下にあります。

 

日本でも、差別化戦略を採用している小規模な飲食店舗は、大手飲食店チェーンの仁義なき攻勢を退けているわけですから、今後、必然的に、小規模な飲食店舗の差別化戦略が拡大して行くのだと思います。

アメリカではローカルのマイクロ・ロースターですが、日本ではローカルのコーヒー豆自家焙煎店が、小規模な飲食店舗の差別化戦略のコーヒー需要を受け持つことになる可能性が高いのだと思っています。

 

小規模な飲食店が、大手飲食チェーンと同じように、自動化された工場で大量生産された焙煎コーヒー豆を使っていたのでは差別化にならないわけですから。

ということで、もうすぐ、ここ日本でもサードウェーブコーヒー的な現象が発生するはずだと期待しています。

もしかしたら、もう、始まっているのかもしれませんが。


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら