読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

絶好調のコンビニコーヒー

レストラン

コンビニコーヒーの原価率は約50%で、コンビニ商品全体の平均原価率が約70%ですから、100円で販売していても、相当な利益を稼ぎ出してくれる商品なのだそうです。

火付け役はセブンイレブンで、2013年1月にサービスを開始、その9ヵ月後には、総販売数が2億杯を突破したといわれています。

 

 

コンビニで火花散るコーヒー覇権戦争のおいしい内実

おいしさと利便性を追求することで一大ブームを巻き起こしているコンビニコーヒー。今や、ほとんどのコンビニの店頭にはコーヒーマシンが置かれていて、好評を博しているとのことです。

アメーバーニュース/週プレnews (2015年3月16日)

 

 

で、大手コンビニチェーンの特徴は・・・・

セブンイレブンは、アラビカ種のコーヒー豆を100%使用して、ダブル焙煎したコーヒー。

 

ローソンは、同じくアラビカ種のコーヒー豆をそれぞれに焙煎した後、ブレンドしたコーヒーで、セルフ方式だけでなくて、対面でも販売。

ファミリーマートは、ドイツ製のエスプレッソマシーンで淹れたコーヒー。

 

サークルKサンクスは、1杯ずつコーヒーを淹れるカートリッジコーヒー。

と、それぞれに違いがあるようですが、何はともあれ、テイクアウトコーヒーが一般化することは、エカワ珈琲店には朗報です。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら