珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

 

アメリカのベストコーヒーショップ

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

 

「The Daily Meal」は、アメリカで注目されている食品ニュース専門のWEBサイトです。その「The Daily Meal」が、「アメリカのベストコーヒーショツプ」という記事を掲載しています。

そして、「アメリカのベストコーヒーショツプ」の記事は、Fox Newsやコーヒー関係のブログなど、様々なメディアに転載されています。

f:id:ekawa:20170121162801j:plain

【おちゃのこネット】 のデモサイトより引用した写真です)

 

ものすごく参考になるかもしれないのですが、著作権の問題もあると思うので、その記事の要点だけを引用させて頂くことにしました。

 

アメリカのコーヒー文化は、第2次世界大戦の終了後に最高潮に達しました。

1946年、アメリカの人々のコーヒー消費量は、1人当たり約48ガロンに達していました。

当時のコーヒー消費の殆どはアメリカンコーヒーと呼ばれるタイプのブラックコーヒーで、現在のように数多くのコーヒーメニューは存在していませんでした。

 

その後、1960年代、1970年代と、コーヒーの消費量は減少して行きました。

その一方で、1971年、シアトルのバイクプレイスマーケットでスターバックスが創業します。

1984年、ハワードシュルツがシアトルのダウンタウンで喫茶店をオープンして、コーヒーの第2の波が始まりました。

 

スターバックスは、カフェラテという商品とともに、コーヒー第2の波によって作り出されるマスマーケットにて急成長して行きます。

1994年の店舗数は425店舗で、2004年の店舗数は8569店舗、そして、2012年7月1日現在の店舗数は17651店舗と発表されています。

カリブーやピーツなど、この第2の波で登場するコーヒーチェーン各社と比較すると、スターバックスの成長ぶりは群を抜いています。

 

その後、手作りのピールや手作りのカクテルなどのマーケットと同様の種類のコーヒーマーケット、コーヒー第3の波がやって来ます。

そして、現在、コーヒー第3の波を乗り越えて、最先端の第4の波に取り組み始めているところです。

 

最高の生産技術を駆使して生産したコーヒー豆を、最高の焙煎加工技術を駆使して、最高の抽出技術と最高の環境で、最高の一杯のコーヒーを提供するという取り組みが、コーヒー第4の波と呼ばれる最先端のコーヒー文化なのだと思います。

 

その最先端のコーヒー文化に取り組んでいるコーヒーショップを、「The Daily Meal」の記事はリストアップして紹介しています。

コーヒーブロガー、コーヒーショップのオーナー、コーヒーのバリスタ、それにコーヒーのエデイケーターが推薦したコーヒーショップ(0rチェーン)の中から、33のコーヒーショップ(orチェーン)をリストアップされています。

 

その中には、スタンプタウン、インテリジェンシア、ブルーボトル、カウンターカルチャーなど、よく知られている名前も入っています。

カウンターカルチャーの場合は、コーヒーの卸販売のみで、コーヒーショップを営んでいないわけですが、第4の波の一員であることは確かだということでリストアップされています。

 

リストアップされている店の中には、自家焙煎ではなくて、何社かの第4の波系のコーヒー屋さんからコーヒー豆を仕入れているマルチロースターモデルのコーヒーショップも含まれています。

1社のロースターのコーヒー豆だけではなくて、幾つかの自家焙煎店(マイクロロースター)からコーヒー豆を仕入れているマルチロースターモデルのコーヒーショップですが、アメリカでは増加しつつあるみたいです。

 

リストアップされているコーヒーショップのベスト10は、以下の通りです。

リストアップの基準は、最高品質のコーヒーと食事、雰囲気、顧客サービス、そしてユニークさとなっています。

 

10位 インテリジェンシア/Intelligentsia

 9位 ジョー・ザ・アート・オブ・コーヒー/Joe the Art of Coffee

 8位 リチュアルコーヒーロースターズ/Ritual Coffee Roasters

 7位 スタンプタウン/Stumptown

 6位 ラミルコーヒーブティック/Lamill Coffee Boutique

 5位 カフェ・グランピー/Café Grumpy

 4位 クーリエコーヒーロースターズ/ Courier Coffee Roasters

 3位 バリスタ/Barista, Portland

 2位 ギンミコーヒー/ Gimme! Coffee

 1位 ウルティモコーヒー/Ultimo Coffee

 

11位~33位は、

I Love Coffee/アメリカのベストコーヒーショップランキング』をご覧ください。 

シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書

シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書

 

「アメリカのベストコーヒーショップ」は、2013年5月10日に書いた記事です。I love coffee は岩田リョウコさんが運営するブログですが、当時、ベストセラーになった「ちょっとブラックなコーヒーの教科書」の英語版が発売される前でしたから、現在(2017年)ほど有名なブログではありませんでした。

 

【参考/ネタ元】

The Daily Meal/America's Best Coffee Shop

Fox News/America's Best Coffee Shop

 【※】「アメリカのベストコーヒーショップ」は、2013年5月10日に「エカワ珈琲店の出来事」に投稿した記事です。

 

coffeehouse.hateblo.jp