特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

エカワ珈琲店の適正価格について

「いい仕事しているよ」、「これで、この値段は安すぎるよ」、「もう少し高くても、いいんじゃない」などと、お客さんに考えてもらえるような信頼関係を構築できるとすれば、お客さんの考える値段よりも、ちょっとだけ安い価格が『適正価格』ということになるのだと思います。

 

良心的で、煎りたて・新鮮・香りの良いコーヒー豆を販売しているということで、我がエカワ珈琲店がお客さんの信頼を獲得することができて、お客さんにとって、我がエカワ珈琲店の存在が絶対に必要だと感じてもらうことができれば、信頼関係に基づく『適正価格』を設定することができます。 

 

商売の拠り所を『信頼関係』に求めることができれば、価格競争や販促競争に巻き込まれることなく、商売を営むことができるかもしれないと考えているわけです。

エカワ珈琲店は夫婦2人で営んでいる零細生業のマイクロビジネスですから、お客さんとの『信頼関係』の構築については、大手コーヒー企業よりも数段有利なはずです。

 

何と言っても、従業員は経営者夫婦だけで、通信販売を含めて、常時、経営者夫婦がお客様と接して いるのがエカワ珈琲店です。

零細生業の我がエカワ珈琲店を含めて、規模の小さな事業者が、資金力・組織力を背景とする大手事業者のパワーと影響力に飲み込まれることなく、何とか生き残って行くには、それしかないのではと考えている今日この頃です。

 

ということで、最近の我がエカワ珈琲店ですが、お客さんとの信頼関係構築を訴求する商売を営むことに励んでいます。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら