特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

日本のコーヒー市場では

コンビニコーヒーの大ヒットの影響からか、コーヒー業界の話題に注目が集まっています。

コンビニコーヒー躍進の影響で、缶コーヒーの売り上げが激減しているという話を聞きます。

それに加えて、オフィスコーヒーサービス事業にも、相当な影響を与えているようです。

 

世界最大の食品会社ネスカフェが、アイボリーコーストにコーヒーやココアの巨大な研究研修施設を稼動させたというニュースが流れています。

そのネスカフェですが、日本で積極的なマーケティング活動を展開しています。

オフィスや飲食施設などの業務用コーヒー豆市場をターゲットにして、相当に画期的なマーケティング活動を展開しています。

 

日本の喫茶店市場は、スターバックスに席巻されています。

コンビニでも、スターバックスの製品が売られています。

日本では、まだ、業務用コーヒー豆市場には進出していないのですが、何れは、業務用コーヒー豆市場の一番美味しい市場に進出してくるだろうと考えています。

 

日本のコーヒー市場では、外資系コーヒー企業の活躍が目立っていて、日系コーヒー企業はあまり目立っていません。

外資系コーヒー企業は、大量生産・大量消費のコーヒー市場に集中して事業展開をしています。

大手の日本系コーヒー企業は、大量生産・大量消費のコーヒー市場だけでなくて、少量生産・少量消費のコーヒー市場にも色気を持っているみたいです。

 

でも、資金力を背景として少量生産・少量消費のコーヒー市場に食指を伸ばして来たとしても、その市場で生活の糧を得ている自家焙煎のコーヒー屋は、それを脅威だと感じることは無いと思います。

大量生産・大量消費を得意とする大手コーヒー企業が、少量生産・少量消費のコーヒー市場に食指を伸ばして来たとしても、上手く事が運ぶとは思えません。

 

コーヒー豆の自家焙煎店が得意とする少量生産・少量消費のコーヒー市場ですが、影響力・営業力を駆使して商品棚を奪い合う大量生産・大量消費の市場とは、全く毛色の異なった市場なのだと思います。

 

自分たちよりも力の弱いものを、力づくで押しつぶして市場を奪ってしまうという非効率なビジネスですが、もう通用しない時代になっているのだと思います。

効率の高いビジネスを営んでいる小規模なコーヒー屋が、大手コーヒー企業の非効率なビジネスに押しつぶされてしまうことなど有り得無い時代になっているのだと思います。

 

コーヒーの大量生産・大量消費の市場では、消費者のライフスタイルが急速に変化しているのだと思います。

もしかしたら、近い将来、大量生産・大量消費のコーヒー市場の業界地図ですが、相当に塗り換わる可能性もあると思います。

 

おそらく、大手コーヒー企業ですが、その業容を縮小しなければ生き残れない時代がやってくるのだと思います。

これまで、大手コーヒー企業に散々痛めつけられたエカワ珈琲店は、その時代の到来を、いまかいまかと待ち望んでいます。

 

日本のコーヒー市場については、相当に面白い時代が到来するという予感があって、ワクワクしている今日この頃です。

 何はともあれ、小規模なコーヒー豆焙煎屋が、大手のコーヒー企業相手に抗う術もなく叩き潰された時代は、もう昔話になってしまったのかもしれません。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら