成長する新しい巨大コーヒー市場

アメリカで発行されている隔月発売の焙煎事業者向け雑誌「Roast Magazine (ロースト・マガジン)」の2012年1月・2月号が、「The New Frontier」と題する特集記事を掲載しています。

中国、中東、インド、ロシアにて、今後、スペシャリティー・コーヒー・マーケットが成長する可能性が高いと、この特集記事は予測しています。

 

中国では、中学生がインスタントコーヒーを飲みながら、夜の遅くまで受験勉強をしています。

13億人の人口を誇る中国の若い人たちは、コーヒーを好みます。

でも、中国のコーヒー消費量は、アメリカと比べると極端に少なくなっています。

今後、中国のコーヒー消費量は、急激に増加するだろうと予測できます。

 

インドの働き盛りのビジネス・エリートたちは、喫茶店チェーンにて、伝統的な紅茶ではなくてコーヒーを飲んでいます。

インドでは、今後数年の間に、数千店の喫茶店が新しく誕生するだろうと予測されています。

 

インドは、世界第2位の人口大国です。

そして、人口の半分は25歳以下の若者です。

インドのコーヒー消費量は、まだまだ僅かですが、その若い人たちがコーヒーに興味を示しつつあります。

 

中東のアラブ首長国連邦のドバイでは、アメリカン・スタイルの喫茶店が儲かる商売だということで注目されています。

中東では何世紀も前から、コーヒーが飲まれています。

現在も、コーヒーは一般的な飲み物です。

しかし、中東の都会では、コーヒーをアメリカン・スタイルの喫茶店で楽しむ若い人が増加しています。

 

ロシアの喫茶店では、コーヒーと一緒にピザや寿司がメニューに掲載されています。

ロシアは、社会主義政権が崩壊してから20年しか経過していません。

社会主義政権時代の官僚主義の後遺症が残っているので、ロシアのコーヒー産業のレベルはそれほどではありません。

 

でも、ロシア国民はレベルの高いコーヒーを求めています。

ロシアの家庭で飲まれているコーヒーは、トルコ式のコーヒーによく似ています。

ドリップコーヒーやサイフォンコーヒー、エスプレッソコーヒーの入り込む余地が充分に存在しています。

 

というような内容の特集記事です。

このような特集記事が組まれるということは、アメリカのコーヒー企業は、大きい小さいに限らず、このエキサイティングな新しいコーヒー市場に関心を持っているのだと思います。

 
 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら