読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

コーヒーハウスと茶屋

17世紀~18世紀のイギリスでは、コーヒーハウスが文化人の社交場として繁盛していたと記録されています。

昭和の時代の喫茶店ですが、イギリスのコーヒーハウス的な雰囲気を持っていてハイカラな人たちの集まる喫茶店も存在していたのですが、時代劇でおなじみの「茶屋」のような存在の喫茶店が大半だったわけです。

 

コーヒー・ハウス (講談社学術文庫)

コーヒー・ハウス (講談社学術文庫)

 
図説 ロンドン都市物語―パブとコーヒーハウス

図説 ロンドン都市物語―パブとコーヒーハウス

 

 

17世紀~18世紀に繁栄を極めたイギリスのコーヒーハウスですが、その後、店舗数が増えすぎたことと、店のモラルも客のモラルも、どちらも低下してしまった結果、いつの間にか姿を消してしまいました。

 

江戸の時代、いたるところに存在していた「茶屋」ですが、こちらも、いつの間にか姿を消してしまいましたが、それに代って喫茶店が、街のあちらこちらに存在するようになりました。

その喫茶店も、昭和57年の店舗数を頂点として、その後は減り続けています。

記事の一部分を掲載しています。記事全文は、note にて有料販売している「喫茶店の物語」の中に収録しています。 

 

この記事の全文は、note にて好評販売中です!!

エカワ珈琲店は、これまで蓄積して来た珈琲に関係する経験・知識・技術を記事という形で読める化して、note を通じて有料で販売しています。

 ↓↓↓

note.mu