特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

団塊の世代と喫茶店

数年前の今頃、まだ、喫茶店経営に幻想のようなものを持っていました。

若い頃、喫茶店に入り浸りだった団塊の世代がリタイアして、自分のための時間を有り余るほど持つようになるとき、きっと、彼ら・彼女らは、喫茶店に帰ってくると考えていたわけです。

 

しかし、そのような夢のような話なんて、まず有り得無いと現在は考えています。

よくよく考えてみれば、団塊の世代は忙しくて時間がなくて、喫茶店から遠ざかったのではなくて、喫茶店を利用する必要性を感じないから、喫茶店を利用しなくなったのだと思います。

 

団塊の世代が青春を謳歌していた時代、コーヒーは特別な飲み物でした。

21世紀の現在、コーヒーは日本茶などと同じで、ごくごく日常的な飲み物になっています。

家庭で。オフィスで、レギュラーこーひーを日常的に飲んでいるのですから、コーヒーを飲むためだけに喫茶店を利用することは、まず有り得無いと思います。

 

ですから、昔ながらの何の特色もない喫茶店に団塊の世代が戻ってくるとは、どうしても考えられません。

喫茶店も時代に合わせて変化していかなければ、生き残れないのではと思っています。

 

(2008年10月16日の書いた記事です)

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら