読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

コーヒーの社会的イノベーション

日本の消費者がレギュラーコーヒーを飲むその方法ですが、時代時代によって違いが存在しています。
レギュラーコーヒーを飲むのに使うお金の支出方法が、時代時代によって変化しているわけです。

1970年代の末頃までは、レギュラーコーヒーといえば喫茶店で飲む飲み物でした。
1970年代の末頃、レギュラーコーヒーを好む人たちは、喫茶店で1杯が200円前後のレギュラーコーヒーを飲んでいたわけです。

1980年代になると、電気式のコーヒー抽出機器(コーヒーメーカー)が普及するようになって、職場や家庭で気楽にレギュラーコーヒーが飲まれるようになりました。

職場や家庭で飲むコーヒーといえば、1980年頃までは、大半がインスタントコーヒーを使ったコーヒーでした。
それが、この頃から、コーヒー豆を小売店で購入して、職場や家庭でレギュラーコーヒーを楽しむという風に変わってきました。

喫茶店のレギュラーコーヒーを飲むのではなくて、職場や家庭でレギュラーコーヒーを飲むようになったわけです。
その結果、喫茶店の衰退が始まって、その喫茶店にコーヒー豆を卸している焙煎屋さんも、当然のことですが、衰退を開始しました。

新たに、職場にレギュラーコーヒー豆を納品するオフィスコーヒーサービス業や、家庭用にレギュラーコーヒー豆を小売販売する自家焙煎コーヒー豆小売業という業態が出現しました。

レギュラーコーヒー豆100gで12杯分のコーヒーを淹れることができるとすると、100g当り300円のレギュラーコーヒー豆を使えば、1杯で25円の勘定となります。
喫茶店でレギュラーコーヒーを飲むのに比べると、1割以下の価格になるわけですが、その代わり、コーヒーを淹れる、後片付けをするという、お金と交換されることのない労働力の提供が必要となります。

お金と交換されることのない労働力の提供ですが、家庭での労働力の提供は、「ゆとり」のある生活ということになるのですが、職場での労働力の提供は、「無駄」以外のなにものでもありません。

ということで、最近、職場のレギュラーコーヒーについては、挽きたて淹れたてのドリップコーヒーを楽しめる自動販売機や、カップの上に直接セットしてコーヒーを淹れるドリップバッグなどが人気を得ています。
もしかしたら、近い将来、職場にレギュラーコーヒー豆を納品するオフィスコーヒーサービス業に取ってかわるかもしれません。

消費者のレギュラーコーヒーへのお金の支出方法ですが、喫茶店でコーヒーを飲む、職場や家庭でコーヒーを飲むためにコーヒー豆を購入する、レギュラーコーヒー専用の自動販売機でコーヒーを購入する、ドリップバッグを購入して自分でコーヒーを淹れる、コンビニコーヒーを買って飲むというように、変化していっています。

商品やサービスの「最終的な提供様式」の変化を、社会的イノベーションと呼ぶと何かで読んだ記憶があります。
レギュラーコーヒーという商品ですが、「最終的な提供様式」が時代時代によって変化しているわけですから、レギュラーコーヒーにも『社会的イノベーション』が存在しているということになります。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら