お客さんは店のインテリア

飲食店に来店してくれるお客さんは、その飲食店の大切なインテリアです。
その飲食店の店内環境の大部分は、来店してくれるお客さんによって創られています。
お客さんというインテリアが素晴らしければ、その飲食店は繁盛することができて、儲けることができて、接客する側も気分良く働くことができます。
 
お客さんは、飲食店の最も大切なインテリアですから、どのようなタイプのお客さんが数多く来店してくれるのかによって、その飲食店の雰囲気が決まってしまいます。
 
来店してくれるお客さんのタイプによって、繁盛する店になったり、閑古鳥が鳴く店になったり、儲けられる店になったり、採算の取れない店になったりするわけです。
 
ということで、飲食店側としては、店を繁盛させてくれるタイプの、あるいは、儲けさせてくれるタイプの、そして、気分良く商売を営ませてくれるタイプのお客さんに来店してもらわなければなりません。
 
そのためには、お客さんを選択させてもらわなければなりません。
商圏人口800人の飲食店商売でお客さんを選択させていただくのは無理ですが、商圏人口数千人、商圏人口1万人の飲食店商売なら、色々とお客さんを選択させていただく手法があるはずです。
 
一般的な手法として、予約のお客さんオンリーの店、一見さんお断りの店、会員制の店という手法が知られています。

それ以外にも、いつも最先端を走っている面白くて楽しい店になるという選択肢もあります。

 

【参考記事】

客層の選択 - 喫茶店or珈琲商売

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら