関西系コーヒー屋(自家焙煎店)のコーヒー豆の値段

「自家焙煎珈琲店めぐり」という有名なサイトに、自家焙煎コーヒー店と呼ばれている、ミニロースターのコーヒー豆販売価格を比較した表が掲載されています。

(自家焙煎コーヒー店めぐり/豆の価格分布)

コーヒー豆100gの価格を比較したグラフですが、このサイトの取材力から推察して、今、もっとも信頼できるデータだと思います。(ただし、2005年時点でのデータです)

 

それによると、コーヒー豆100gの最低価格は、400円という店がいちばん多くて、次ぎに450円、500円と続いています。

東京23区だけなら、400円の店が最も多くて、次ぎに450円、550円と続きます。

そして、大半のお店が、400円から550円の間で最低価格を設定しています。

 

で、関西はと言うと、最も多いのが、最低価格300円のお店です。

次いで400円、250円と続いています。

そして、大半のお店が、250円から400円の間に最低価格帯があります。

ちなみに、エカワ珈琲店の最低価格は100gが300円です。

 

エカワ珈琲店の最低価格ですが、2005年当時、関西圏での普通の価格でした。

しかし、全国的な視点から見れば、かなり安い価格だったわけです。

 

何故なのだろうと、考えて見ました。

関西経済の地盤沈下も原因していると思いますが、それだけではないと思います。

 

関西は、もともと低価格大量販売の発祥の地です。

エカワコーヒー店がコーヒー豆の焙煎加工小売業を始めた20数年前、関西各地には、低価格を武器に、コーヒー豆を大量に販売している店が繁盛していました。

新たに、この商売に参入するに当たっては、当然、それらの店を参考にします。

その結果として、同じような形態のコーヒー豆焙煎加工小売店が増えていきます。

 

低価格でコーヒー豆を大量に販売する店が増えてくると、コーヒー豆を購入しやすくなりますから、家庭や事業所にレギュラーコーヒーが急速に普及します。

そうなると、コーヒーの香味に対するお客さんの要求も、厳しくなってきます。

 

コーヒー豆の焙煎加工技術というものは、どうしても、ある程度の経験を必要とする技術です。

理論的に理解していたとしても、それだけでは上手く煎れません。

新たに参入する店は、最初から既存の店と同じレベルのコーヒー豆を販売することなど不可能ですから、既存の店より高い価格でコーヒー豆を販売すれば、コーヒー豆が売れるはずがありません。

 

ですから、私どもを含めて、価格設定を低く抑えた店だけが生き残った結果、関西圏のコーヒー豆最低販売価格が、全国平均よりも安くなつているのだと思います。