珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

 

コーヒー豆の焙煎と焙煎コーヒー豆の煎り加減

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

 

グリーン(緑)色したコーヒー生豆を、ダークブラウン(こげ茶色)の心地よい香気を持つ焙煎コーヒー豆に変換するための加熱工程を『焙煎』と呼んでいるのだと思います。

コーヒー生豆は、焙煎によって秒単位で変化しているように見えます。 

 

焙煎する前のコーヒー生豆は、緑色(グリーン)をしていて、コーヒー生豆に含まれているコーヒーの成分を比較的長期間保つことができます。(保存期間が長い)

しかし、焙煎コーヒー豆は、焙煎後、時間の経過と共に新鮮なローストフレーバーが減少して行くので、保存できる期間は限られています。(保存期間が短い)

ですから、できるだけ素早く消費する必要があるとエカワ珈琲店は考えています。

 

焙煎理論は、インターネット内を彷徨っているだけでも比較的簡単に習得できると思います。

でも、焙煎技術は、経験(スキル)の積み重ねで修得するものなのかもしれません。

 

この記事の続きは、note にて有料で販売しています。

   ↓↓↓

note.mu