エスプレッソ用コーヒー豆

2000年代の初め頃、今となっては笑い話しだと思うのですが、『エスプレッソ用のコーヒー豆』というものが存在していた時期があります。

 

ある時、エスプレッソ用に焙煎したというコーヒー豆を手に入れました。

エカワ珈琲店には、エスプレッソマシーンがありません。

 

ですから、ペーパーフィルターを使って、そのコーヒー豆でコーヒーを淹れてみました。

飲んでみると、少し舌がしびれるタイプのコーヒーで、粉ぽさも感じますが、何となく香りや風味も感じることができます。

 

しかし、いくら香りや風味を感じることができても、粉ぽさを感じるということは、エカワ珈琲店の基準では、焙煎に失敗したコーヒー豆です。

ですから、最初、焙煎に失敗したのだろうと考えていました。

 

だけど、よくよく考えて見ると、マシーンで抽出するエスプレッソコーヒーの特徴の1つに、クレマと呼ばれている、あの『泡』があります。

 

あの『泡』を、寿命の長い粘り気のある『泡』にするためには、手に入れたエスプレッソ用コーヒー豆のように焙煎加工をする必要があるのだろうと考え直しました。

 

でも、日本の水で淹れるエスプレッソコーヒーの場合、それほど濃厚な泡が必要なのだろうかとも考えるわけです。

島国日本の水と、大陸国イタリアの水とでは、当然、その性質が異なります。

 

水の性質が異なれば、焙煎コーヒー豆も、コーヒーを淹れる方法も、当然、違ってくるはずだと思います。