アメリカンコーヒー

1970年代後半、喫茶店の出店スピードが凄まじかった時代。

それまでの、ミルクや砂糖といった添加物を加えなければ飲むのに四苦八苦したコーヒーに代って、添加物を加えないでブラックで飲むことができるアメリカンコーヒーが大流行しました。 

 

ダイエットブームの影響からか、カロリーを気にする人が増えた結果だと言う説もありました。

しかし、本当は、その頃の喫茶店のコーヒーを添加物なしのブラックで味合うというのが、至難の技だったからだろうと思います。

 

ミルクや砂糖のかわりに、湯で薄めて飲むというのが、当時のアメリカンコーヒーでした。

テレビでも、「お湯で割ったら、アメリカン」というサントリーウィスキーのコマーシャルが、毎日のように流れていました。

 

浅く焙煎したコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れるのが、本当のアメリカンコーヒーだという意見もあります。

アメリカ中西部の水質には、浅く焙煎したコーヒー豆が向いているということですが、軟水主体の日本の水で淹れるコーヒーの場合、やはり、『お湯で割ったらアメリカン』の方が向いているのだと思います。