フレンチトースト

昔、喫茶店のメニュー表に、『フレンチトースト』というメニューが載っていました。

軽食にも、デザート菓子にもなるメニューです。

 

フレンチトーストの作り方は、簡単です。

卵を牛乳で溶いた卵液に、ミミを切った食パンを4つくらいに切って、その卵液に浸します。

 

フライパンにバターをいれて、バターをとかします。

そして、そのフライパンに、卵液に浸したパンをいれて、パンの片面がキツネ色になるまで焼きます。

キツネ色になれば、裏返して、同じようにキツネ色になるまで焼きます。

 

食パンの替わりに、フランスパンなどを使う方法もあります。

少々、古くなって固くなったパンでも、使うことができます。

 

卵液に、紅茶やコーヒー、生クリーム、香辛料やリキュールを添加して、風味をつけるのも一興です。

仕上げには、粉糖をふりかけますが、メープルシロップやホイップクリーム、アイスクリームやバター、フルーツを組み合わせて盛り付けるのが、喫茶店のフレンチトーストです。

 

表面はカリッと、中はやわらかく焼き上げるのがコツです。

フライパンで表面を焼いてから、オーブンで焼くと食感が良くなります。