喫茶店数の推移

 商業統計の概念で「喫茶店とは何か」というと、「主としてコーヒー、紅茶、清涼飲料、それに簡単な食事を店舗内にて飲食させる事業所」ということになります。

 

現在の喫茶店業界、需要の拡散が続いていて、フルサービス型の個人喫茶店は苦戦していて、喫茶店の店舗数が最も多かった昭和57年(1982年)頃と比べると、その店舗数は半分以下となっています。

 

でも、2010年代に入ってから、アメリカで発生しているサードウェーブ現象の影響もあって、昔ながらの珈琲専門店スタイルの喫茶店が見直されているようです。

 

ということで、喫茶店の店舗数の推移を、調べられる範囲内で書き出してみました。

 

1962年(昭和37年) ・・・・・ 16526店
1964年(昭和39年) ・・・・・ 19850店
1966年(昭和41年) ・・・・・ 27233店
1968年(昭和43年) ・・・・・ 36083店
1970年(昭和45年) ・・・・・ 50033店
1972年(昭和47年) ・・・・・ 68146店
1974年(昭和49年) ・・・・・ 85836店
1976年(昭和51年) ・・・・・ 106937店
1979年(昭和54年) ・・・・・ 143040店
1982年(昭和57年) ・・・・・ 161996店
1986年(昭和61年) ・・・・・ 150608店
1989年(平成1年)  ・・・・・ 132116店
1999年(平成11年) ・・・・・ 94251店
2004年(平成16年) ・・・・・ 83676店