日本のコーヒー市場

日本のコーヒー市場ですが、缶コーヒー市場の№1企業は日本コカコーラーで、インスタントコーヒー市場ではネスレ社とAGFが抜きん出ています。
そして、日本最強のコーヒーブランドはというと、「スターバックス」ということになるわけです。

 
喫茶店市場でのスターバックスのブランド力は最強ですが、そのブランド力を背景に、コーヒー分野での多角化を進めています。
日本コカコーラーもネスレもAGFも、もちろんスターバックスも、外資系のコーヒー企業です。
 
考えて見れば、日本のコーヒー市場の美味しい部分は、外資系のコーヒー企業が押さえているということになります。
 
日本のコーヒー企業が優位に立っているのは、レギュラーコーヒー市場だけです。
でも、量販店で売られているレギュラーコーヒーですが、個人の飲食店向け卸売り価格の2分の1から3分の1の価格で小売販売されています。
量販店で高い価格の付いているレギュラーコーヒーはというと、外国から輸入されたレギュラーコーヒーです。
 
ペットボトルや紙パックのアイスコーヒー飲料については、日本のコーヒー企業の製品が健闘しているようですが、コーヒー業界以外からの参入企業も多くて混戦が続いています。
 
小売市場で儲けられないとなると、収益源は業務向けレギュラーコーヒーの販売ということになります。
業務向けのうち、オフィスコーヒーサービスについては、販売ルートが寡占化してしまっています。
それに、オフィスコーヒーサービスというシステムが、最近のオフィス環境と馴染まなくなってきていて、市場が縮小傾向にあるわけです。
 
飲食店へのレギュラーコーヒーの販売が、今も昔も、日本のコーヒー企業の収益源です。
でも、大手飲食チェーンや大きな宿泊施設への卸販売では、それほど儲からないわけですから、一番の収益源は中小零細の飲食店ということになります。
 
その中小零細飲食店の店舗数と売上の減少が続いています。
とくに、個人経営の零細飲食店の減少が顕著です。
 
ということで、このままでは、日本のコーヒー企業がジリ貧状態になってしまう可能性もあるのではと考えている今日この頃です。
 
現在のレギュラーコーヒーの業務向け市場ですが、外国のコーヒー企業から見れば、全く魅力を感じられない市場なのだと思います。
アメリカでは、レギュラーコーヒーの業務向け市場が拡大傾向にあるみたいですから、魅力があれば、外資系企業の業務向け市場参入も有り得るわけです。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら