読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

自家焙煎店開業セミナー

コーヒー豆自家焙煎店の開業が後をたたないと、帝飲食料新聞に書いてあります。

1月に東京で開催された『自家焙煎店開業セミナー』に、定員一杯の50名が参加していたそうです。

 

コーヒー豆の焙煎技術や商品知識は、比較的容易に習得できて、基本的な集客方法や販売方法も教えてもらえて、低資本で開業できて、原料の生豆も10㎏単位で仕入れることができるということで、人気があるみたいです。

 

この2008年2月20日付帝飲食料新聞の、このニュース読んでいて、ふと閃きました。

全国のコーヒー豆自家焙煎店に、情報や経験を提供するビジネス、もしかしたら成り立つかもしれないと。

なにしろ、ターゲットとなるお客さんが、日々増え続けているわけですから。

 

その昔、20年近く前、エカワ珈琲店が自家焙煎コーヒー豆の小売販売を始めた頃、1日10㎏のコーヒー豆を販売するのは簡単なことでした。

現在はというと、1日10㎏のコーヒー豆を販売するのに、四苦八苦しているコーヒー豆自家焙煎店が多いみたいです。

 

四苦八苦しているコーヒー豆自家焙煎店は、その苦境から脱出したいと考えて、情報や経験を求めているはずです。

だけど、コーヒー豆自家焙煎店向けに、情報や経験を低価格で提供しているという話を、ほとんど聞いたことがありません。

 

コーヒー豆自家焙煎店向けに、情報や経験を提供する方法さえ考えれば、もしかしたら面白いビジネスになるかもしれません。

真剣に考えてみようか、何て考えながら人生を楽しんでいます。