特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

スターバックス成功物語

スターバックス、「薄くて水っぽい」ブランドに?――フィナンシャル・タイムズ(フィナンシャル・タイムズ)

無味乾燥で金太郎飴的な店舗を作りすぎた結果、スターバックスのブランドが『薄くて水ぽいもの』になっている。

世界最大の喫茶店チェーン『スターバックス』の実質的な創業者、ハワード・シュルツ会長の自己批判です。


エカワ珈琲店は、ハワードシュルツさんの『スターバックス成功物語』という本を読んだことがあります。
その頃の『エカワ珈琲店』は、コーヒー豆の小売と喫茶店を併設していました。
コーヒー豆は、まあまあ売れているのですが、喫茶店のほうは『さっぱり』という状況下で、その本を読んだわけです。
 
シアトルのコーヒー豆小売店が喫茶店を併設すると、その喫茶店がものすごく繁盛して、アメリカ各地に店舗網を広げていくという成功物語です。
コンセプトは、『家庭』『職場』に続く『第3場所』ということで、ある種の思想を表現している企業なんだと感じた記憶があります。
 
エカワ珈琲店も、その成功体験にあやかろうと、いろいろと試みたのですが、貧乏な田舎のコーヒー屋の悲哀を味わっただけで、挫折してしまった思い出があります。
その後は、喫茶店をあきらめて、コーヒー豆の販売一筋の商売をしています。
 
スターバックス成功物語から連想するスターバックスは、学生時代の喫茶店のイメージそのものでした。
その後、日本に進出してきて、ショッピングモールや空港ビル内で異常に繁盛しているスターバックスを見るにつけ、これが第3の場所なのかと感じたものです。
 
本を読んで連想していたスターバックスと、人の集まる場所に出店して異常に繁盛しているスターバックスとでは、イメージが全く違っていました。
もしかしたら、スターバックスのシュルツ会長も、同じように感じているのかもと、このニュースを読んでいて感じた次第です。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら