読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

成長する新しい巨大コーヒー市場

アメリカで発行されている隔月発売の焙煎事業者向け雑誌「Roast Magazine (ロースト・マガジン)」の2012年1月・2月号が、「The New Frontier」と題する特集記事を掲載しています。 中国、中東、インド、ロシアにて、今後、スペシャリティー・コーヒー…

小さなコーヒーカンパニーの成功事例

日本でも、イギリスでも、家族で営む小規模零細の商店や飲食店、それに、街中の商店街は、規模の大きい事業者との厳しい競争に耐え切れずに、絶滅寸前の状況にまで追い詰められています。

アメリカのスモール・コーヒー・カンパニー17

21世紀に入ってからのアメリカ合衆国ですが、熱狂的なファンを持つコーヒーブランドが全国至る所で出現しています。

喫茶店はセクシーな商売

「プレミアムコーヒー」や「コーヒーの無料サービス」と、あのマクドナルドがコーヒーの液体を売る商売に力を注いでいます。 それだけ、現在のアメリカでは、コーヒーの液体を売る商売がセクシーな商売になっているのだと思います。 日本の喫茶店ですが、1…

コーヒー(液体)を小売する商売

歴史があって、常連のお客さんだけをターゲットにする商売が可能な伝統的喫茶店でなければ、貸席サービス業たる喫茶店を個人で営むのは、まず無理な話だと考えています。 ボランティアとしてなら可能なのかもしれませんが、生活の糧(かて)を得ることが目的な…

カフェカリーノ/Caffe Carino

私たちは、困難な時代に生きています。(2011年6月1日に書いた記事です)世界的規模での信用収縮、雇用不安、収入・所得の減少、企業のコスト削減、それに伴う企業の人員過剰が、猛スピードで進行しています。 これらの悪い呪文は、特に、若い人たちの運…

第3の波系コーヒー屋さんのコーヒー専門店

『Caffe d'bolla's』は、2002年の冬のオリンピック開催地ソルトレイクシティーに位置している「第3の波」系のコーヒー屋さんです。このコーヒー屋さんの経営する喫茶店の売り物は、サイフォンコーヒーです。 自店で焙煎した新鮮なコーヒー豆を使って、…

アメリカコーヒー事情、第3の波

最近(2010年)、アメリカのマスコミで「third wave coffee(コーヒーの第3の波)」が話題になっているみたいです。夜のゴールデンタイムの人気ニュース番組(ABCのnightline)で、「third wave coffee(コーヒーの第3の波)」の特集が放映されたりしている…

アメリカと日本のフレーバーコーヒー豆市場事情

アメリカの家庭用コーヒー豆市場ですが、全販売量の30%がフレーバーコーヒー豆とのことです。で、当然の事、大中小零細のロースターさん(焙煎屋さん)が、フレーバーコーヒー豆を製造しています。 アメリカでは、毎年3〜5%ずつ、フレーバーコーヒー豆の…

お一人様外食事情・アメリカ編

アメリカの人たちが1人で食事をするときに利用する飲食店舗はというと、老いも若きも真ん中の世代も、全世代平均で50数%の人たちが、個人経営の飲食店舗を利用しているというデータ(2007年)があるみたいです。 30%の若い人たちは大手外食チェーン…

HANDCRAFTED DRIP COFFEE

アメリカ第3の波系コーヒー企業の御三家の一つ、「カウンター・カルチャー・コーヒー」のホームページ内で、『HANDCRAFTED BREWING』というPDFのページを見つけました。 そのページの『HANDCRAFTED DRIP COFFEE…

マイクロロースターとラージロースターについて・・・

このページの記事は、コチラのページの記事とダブっています。 ですから、記事を削除しました。下記ページでご覧になってください。 coffeehouse.hateblo.jp ちなみに、エカワ珈琲店は、マイクロロースターでもラージロースターでも無くて、それよりも小規模…

焙煎職人

アメリカ経済の調子は良くないみたいですが、アメリカのコーヒー業界は好調を維持しているようです。ただし、好調を維持しているのは、コーヒー業界はコーヒー業界でも、スペシャリティーコーヒーに関係するコーヒー業界に限定されているようです。 好調なア…

オバマブレンド(obama blend)

帝飲食糧新聞の2009年1月21日号の「酔缶点滴」というコラムで、アメリカのニュージャージー州のコーヒー屋さんが、アメリカのオバマ大統領と関係のあるコーヒー産地、ケニア・インドネシア・ハワイで収穫されるコーヒー豆で配合したブレンド、『オバ…

スタバから可否茶館へ

アメリカでの話しですが、スターバックスの業績が落ち続けているということです。アメリカが市場主義の時代となって、アメリカの人たちが異常に働き出した時期に出現して、まったたく間にアメリカ国内を席捲して、その後、日本を始めとして、世界中の経済的…

スターバックスゴシップ

アメリカのコーヒーショップ事情、嘘か真か、確かめる術もないのですが、チェーンの店ではなくて、独立系のコーヒーショップが繁盛しているみたいです。 独立系のコーヒーショップは、コーヒー大好きな人が起業して、コーヒー好きのスタッフによって運営され…