読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

喫茶店の物語

日本の喫茶店が衰退を続けていて、スターバックスコーヒーに代表される喫茶店チェーンもポピュラーでは無かった2000年代の中頃、喫茶店商売に郷愁を抱いていたエカワ珈琲店は、喫茶店商売について「あれこれ」と思索していたことがあります。

その頃の記事の幾つかに、2017年現在の視点で修正を加えたのが、この「喫茶店の物語」と題する記事です。

続きを読む

自家焙煎コーヒー豆店とカップコーヒーサービスの関係

自家焙煎コーヒー豆が売り物の喫茶店・カフェなら、カップコーヒーサービスは当たり前のビジネスです。

自家焙煎コーヒー豆だけを販売している小売店であっても、これからは、カップコーヒーサービスが必須アイテムになって行くのだと考えています。

美濃焼 カップ&ソーサー 森の湖 W30123

美濃焼 カップ&ソーサー 森の湖 W30123

 

 

続きを読む

セブンイレブンを筆頭とする北米大陸のコンビニエンスストアー5社の軽食&コーヒー戦略

セブンイレブン、ケーシーズ(Casey's)、サークルk、シーツ(Sheetz)、ワワ(Wawa)のコンビニエンススアー5社の軽食・喫茶戦略が、スーパーマーケットのレストラン化戦略には脅威となっていると題する記事が、Supermarket news(スーパーマーケットニュース)のサイトに掲載されています。

www.supermarketnews.com

続きを読む

コーヒー豆業務卸、1990年頃と現在(2017年)を比較してみました

ホテルやゴルフ場、大手・中堅の飲食店チェーンや社員食堂請負会社などのコーヒー大口需要家については、取引相手のロースターを入札で決定するのが当たり前ですから、入札に参加する幾つかのロースター(焙煎会社)間で熾烈なあの手この手の顧客争奪戦が繰り広げられます。  

続きを読む

コーヒー豆自家焙煎を始めるのに必要な費用

コーヒー豆自家焙煎ビジネスを営むなら、絶対必要なのが、生産用の小型焙煎機(3kgor5kg)と原材料のコーヒー生豆、それと業務用のコーヒーミル、販売用の包材なのだと思います。

生産用小型焙煎機の購入価格は、昔から、ファミリーカー1台分くらいです。

続きを読む

全国からコーヒー屋さんが京都に約50店集まるイベント

はてなニュース(2017年1月26日)によると、2017年1月29日(日曜日)、全国から約50店の珈琲屋さんが集まるイベント「Japan Coffee Festival in SHIMOGAMO 2017」が、京都市左京区の下鴨神社・糺の森で開催されるそうです。

hatenanews.com

続きを読む

シェイクシャックの創業者率いるレストラン運営会社が、ニューヨークのJoe Coffeeに資本参加したそうです

Wikipedia/シェイク・シャック」は、今売り出し中のカジュアルレストランチェーン「シェイク・シャック」を次のように紹介しています。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置くファストカジュアルレストランチェーンである。2000年にマディソン・スクエア公園で始めた屋台が起源・・・・・ 

続きを読む

1杯用コーヒーメーカー(パーソナルコーヒーメーカー)

家庭でオフィスで、自分だけのコーヒーを簡単に淹れるための道具、それが1杯用コーヒーメーカー(パーソナルコーヒーメーカー)なのだと思います。

できれば、お気に入りのコーヒー豆自家焙煎店でコーヒー粉(コーヒー豆)を買ってきて、香りの良いコーヒーを淹れて飲むのがベストだと思います。 

続きを読む

アメリカ映画「卒業」に登場した「カフェ・メド(Caffe Med)」の閉店。

エカワ珈琲店の店主の高校時代、ラジオの深夜放送で、ある時期、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」が頻繁に流れていたのを覚えています。

アメリカの青春映画「卒業」の主題歌が、サイモン&ガーファンクルが歌う「サウンド・オブ・サイレンス」でした。

続きを読む

アメリカのスーパーマーケットで売れているコーヒー商品

Packaged Facts (パッケージドファクツ)の発表した調査結果によると、アメリカのスーパーマーケットで売れているコーヒー商品に大規模な変化が発生しているようです。

Supermarket News は、以下の記事にて、その大規模な変化を報じています。

www.supermarketnews.com

続きを読む

地元のコーヒー豆自家焙煎店を利用することのメリット

家庭でコーヒーを淹れるのに使うコーヒー豆ですが、スーパーやコンビニ、量販店や百貨店、大手コーヒー豆専門店チェーンで購入するものだと思っていませんか。

もし、そう思い込んでいるのなら、一度だけ、地元のコーヒー豆自家焙煎店で「煎りたて、新鮮、手づくりの焙煎コーヒー豆」を購入してみてください。 

続きを読む